インパクト・レンディング

シュローダー・キャピタルでは、分散したインパクト投資ポートフォリオによって、安定的なリターンを提供するよう努めています。

私たちの投資アプローチを通じて、意義ある変化を生み出し、より持続可能な未来に貢献することを目指しています。

私たちの取り組みは、十分なサービスが受けられていないマイクロ、小規模、中小企業の力を引き出し、環境を気候変動の影響から保護するという具体的かつポジティブなインパクトを創出しています。私たちの投資アプローチを通じて、意義のある変革を生み出し、より持続可能な未来に貢献することを目指しています。

インパクト・レンディングは、経験豊富なチームに支えられ、私たちのDNAに深く根付いています。

グローバルな規模でのインパクト・レンディングのパイオニアとして、インパクト投資のプロフェッショナルであるブルーオーチャードは20年以上の実績を誇り、フロンティアおよびエマージング市場における幅広い専門知識を有しています。 現地でのプレゼンス、グローバル・ネットワーク、そして長期にわたる関係がもたらす独自の知見と投資機会へのアクセスから、投資家は恩恵を受けることができます。

市場機会 - メガトレンドの力を活用する

私たちは、魅力的な投資機会を提供する3つの重要なメガトレンドに着目しています。 第一に、人口動態の変化です。先進国では経済社会が縮小し、エマージング国では人口増加と急速な都市化が見られます。 どちらの傾向も、大きな投資ニーズと今後の可能性を提供しています。 第二に、デジタル化です。AI革命やエマージング国の人口増大と経済成長に牽引され、デジタル化が勢いを増しており、デジタル金融ソリューションやデジタルインフラに対する需要が高まっています。 そして、第三のメガトレンドは脱炭素です。脱炭素化は、エマージング市場が世界的なエネルギー消費の拡大を牽引すると見込まれるなか、グリーンファイナンスに大きな可能性があるとみています。私たちの目標は、この大規模な投資機会を捉え、これらの変革的なメガトレンドから投資家が恩恵を受けるようになることです。

一貫した信頼性の高いパフォーマンス - 弾力性と安定性の構築

インパクト・レンディングは、プライベート・デット、インフラ・デット、不動産デットを含み、魅力的で、分散された、安定したリターンを得る魅力的な機会を提供します。グローバル資本市場との相関性が低いため、ポートフォリオ全体のリスクを軽減することが可能です。特にマイクロファイナンス投資は、他の資産クラスとの相関性が低いだけでなく、ボラティリティが低く安定したリターンであることも評価されており、ポートフォリオの安定性向上に貢献します。さらに、安定的で弾力性のあるキャッシュ利回り、分散投資の強化、ポートフォリオ内の伝統的な資産クラスと比較してより優れた価値を提供することに重点を置いています。

インパクト測定と管理に対する私たちのアプローチは、データ収集だけではありません

最大限にポジティブなインパクトを持続的に実現できるよう確保することは、最も重要なことの一つです。 私たちの独自のフレームワークは、業界のベストプラクティスに則して継続的に更新され、様々な資産クラスに適用されます。 私たちは、すべての戦略と資産クラスに対して、そのインパクトおよびESGマネジメント、そして持続可能な開発目標 (SDGs)とのアラインメントを徹底的に評価しています。 さらに、最終顧客のアンケート調査などの追加的な評価も実施し、私たちのインパクト評価をさらに深めています。また、2019年の策定以来、シュローダーおよびブルーオーチャードは、「インパクト投資の運用原則 (Operating Principles for Impact Management、OPIM)」にコミットしており、プライベート・アセットおよびパブリック資産の計測フレームワークは独立した機関による検証を受け、優れた結果を取得しています。

ブルーオーチャード

インパクト投資のパイオニアであり、20年超の実績を有し、2億8000万人以上の人々へ金融アクセスを提供し、世界最大の民間マイクロファイナンス戦略を運用しています。私たちの目標は社会的・環境的インパクトと経済的リターンの両立です。

ブルーオーチャードの専門性

Slide 1 of 2

サステナビリティとインパクト投資レポート

2022年の『サステナビリティ&インパクト投資』レポートには、私たちのプライベートアセットにおける活動がどのように長期的なインパクトを創出してきたかについて、包括的な概要が記載されています。 そこには、主要なサステナビリティの計測方法やツールの要約、さらには、具体的なポジティブな変化を実現するために行っているケース・スタディも含まれています。

シュローダー・キャピタルに関する問い合わせ
フォローはこちら

Schroders Capital Management (Switzerland) AGは、スイス金融市場監督局(FINMA)の認可・監督を受けたスイスの資産運用会社であり、スイス国外の監督当局から資産運用ライセンスを取得していません。Schroders Capital Management (Switzerland) AGは日本で登録されていません。当ホームページは情報提供のみを目的として作成されており、記載されているアドバイス、サービス、または投資戦略を提供、販売の推奨や購入の勧誘をすることを意図したものではありません。当ホームページの内容は、規制当局によってレビューされていません。

当ホームページは、英語版で作成されてコンプライアンス審査を行い、それを日本語版に翻訳したものです。英語版と日本語版が同じ意味になるように最善を尽くしておりますが、仮に不一致があった場合は英語版の文言が優先します。